利用限度額は多いほうが有利かの審査と評判


利用限度額は多いほうが有利か

キャッシングを初めて利用するかたは、利用限度額が高額なほうが有利だと思うかもしれません。

実際、各業者でも「○○万円まで借り入れ可能」などの触れ込みで宣伝しています。
あたかも、高額融資を受けられるほうが有利だと感じられます。
しかし、利用限度額については、あまり深く考える必要はありません。
業者が設定する限度額ギリギリまで借りられる人は、ほとんどいないからです。
総量規制の対象となる消費者金融や銀行系ローンの場合、年収の3分の1までしか融資ができないのです。
300万円の融資を受けるためには、900万円の年収が必要なのです。
高額融資を受けるためには高額年収が必要ですが、そもそも年収の高い方はお金を借りることは少ないのです。
キャッシングを利用する方の年収層は、100万円台~400万円台くらいになるそうです。

収入がないと借りられませんが、逆に多くても借りる人は少なくなるのです。
キャッシングを利用する方は、利用限度額よりも金利に着目するべきでしょう。